レフティーKの釣り日記


by bouzkawasaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

C3 Class2-4 インプレッション <錦江湾-MicroJiggng>

a0190318_14495677.jpg
C3 Class2-4をMicroJiggngで使用した真鯛Gameをご紹介します!


a0190318_14500659.jpg

C3 Class2-4 と言えば、トラウトやメバル、アジングなど UL な釣りで使用するロッドです。

パラボリックでしなやかでありながらも、バットパワーは強い!

このことからClass2-4はバーチカルなMicroJiggngでの真鯛釣りに適しています。

Jiggng とは言うものの 真鯛釣りの場合、基本動作は真下に落として巻くだけ。


今回、使用した Jig の weight は35gで、メインの水深は30m~50m。

底立ちを良くする為に、PE LINE は LINESYSTEM の Casting PE X8 0.6号をチョイスし、

Leaderはフロロカーボンの2.5号を5ヒロにしました。

釣果の方は下の動画でご覧ください。





因みに キャストして釣る場合 、僕は Class2-4 ではなく、 Shore7 を使います。

理由は Shore7 なら35gまではキャストキャパに余裕があるからです。

Class2-4ですと、14gまでに止めておかないと破損する恐れがあります。


僕のMicroJiggngでのロッドの使い分け

水深30m~60mでバーチカルに巻いて乗せるなら→乗せ重視 Class2-4

水深一桁~30m以内をロングキャストして遠くのアタリを掛けるなら→掛け重視の Shore7

適した用途に応じて使い分ける事により、C3 は性能を偉観なく発揮します!


a0190318_14515394.jpg
使用するPEは視認性重視のものが良いです。

この手の釣りは着底させる事が前提になりますので、着底の際できる

一瞬の糸ふけを見逃さないようにする為にも、ラインの視認性は大切です。

a0190318_14520603.jpg
写真のPE LINE→ Casting PE X8 の特徴は8本組ですのでガイド通りがとてもシルキーです。

蛍光イエローで視認性抜群、そしてタイトに編み込まれているので、

コシがあり CastingGame に最適です。


a0190318_14510205.jpg
Jigは MicroFlip 35g!
それにDAIWA紅牙のユニットを遊動セッティングしたものを使いました。

このセッティング何気によく釣れます^^

MicroJiggngでの真鯛Gameは本当に面白いです!皆さんも是非!

<TackleData>
Rod→ C3 Class2-4 (Product by SAKURA)
Reel → EXIST2510PE-H(Product by DAIWA)
Line → Casting PE X8 0.6号 (Product by LINESYSTEM)
Leader → Fluorocarbon 2.5号
JIG → MicroFlip35g(Product by Gear-Lab)




[PR]
by bouzkawasaki | 2016-06-27 17:10 | C3シリーズ