レフティーKの釣り日記


by bouzkawasaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
a0190318_14502503.jpg
テキサスリグなどを駆使したボートからの RockFishGame に求められるロッドの要素とは?

1、全体的にハリがあり操作性の良いもの
2、巻き取り力重視のベイトタイプ
3、キャストしやすいグリップの長さ
4、ワームをリフト&フォールやボトムバンプさせるのに有利な長さ
5、バットパワーのあるもの

だいたい、この5つでしょうか。

C3シリーズ中それを満たしているのは Shore7-1/2B です!




a0190318_14504221.jpg

今回、錦江湾の遊漁船「釣り船まりや」さんで溶岩帯に潜む キジハタ を

C3 Shore7-1/2B で狙ってきました。


a0190318_14505178.jpg
水深はボート真下で10~20m。シンカー28gのテキサスリグを岸のブレイクにキャストして、

ボトムをリフト&フォールやボトムバンプなどで誘います。

着水地点では水深4~5mくらいです。ボトムは溶岩質でとても荒いので

キジハタがヒットしフッキングが決まったら、ベイトリールの巻取り力とロッドのパワーをフルに使い

ボトムから一気に引き離します。でないと、直ぐ根に潜られラインブレイクしてしまいます。

一触即発かつ豪快でエキサイティング!そこが魅力であり、Shore7-1/2B で完璧にハマる釣りです!

動画でそのエキサイティングぶりをご覧ください^^




a0190318_14515394.jpg
今回 使用したラインは、LINESYSTEMさんの Casting PE X8 の1.5号です。(※写真は0.8号です)
a0190318_14520603.jpg

視認性に優れ、しなやかさとコシの強さが絶妙です!

a0190318_14513224.jpg
Beansシンカー28gのテキサスリグ。ビフテキリグと呼ばれるリグです。

バスフィッシングでよくパンチングなどで使う、ゼロダンリグの遊動式バージョンみたいなもの。

a0190318_14512123.jpg
シンカーの重心が下になる為、沈下速度が速く、底取がスムーズに行えます。

通常のテキサスリグよりも根掛かり回避率も高く、今回の釣りで活躍してくれました。

梅雨明け後、RockFishGame が本格化します!皆さんも是非チャレンジしてみてください^^




[PR]
# by bouzkawasaki | 2016-06-27 21:05 | Shore7-1/2B | Comments(2)

a0190318_14495677.jpg
C3 Class2-4をMicroJiggngで使用した真鯛Gameをご紹介します!


a0190318_14500659.jpg

C3 Class2-4 と言えば、トラウトやメバル、アジングなど UL な釣りで使用するロッドです。

パラボリックでしなやかでありながらも、バットパワーは強い!

このことからClass2-4はバーチカルなMicroJiggngでの真鯛釣りに適しています。

Jiggng とは言うものの 真鯛釣りの場合、基本動作は真下に落として巻くだけ。


今回、使用した Jig の weight は35gで、メインの水深は30m~50m。

底立ちを良くする為に、PE LINE は LINESYSTEM の Casting PE X8 0.6号をチョイスし、

Leaderはフロロカーボンの2.5号を5ヒロにしました。

釣果の方は下の動画でご覧ください。





因みに キャストして釣る場合 、僕は Class2-4 ではなく、 Shore7 を使います。

理由は Shore7 なら35gまではキャストキャパに余裕があるからです。

Class2-4ですと、14gまでに止めておかないと破損する恐れがあります。


僕のMicroJiggngでのロッドの使い分け

水深30m~60mでバーチカルに巻いて乗せるなら→乗せ重視 Class2-4

水深一桁~30m以内をロングキャストして遠くのアタリを掛けるなら→掛け重視の Shore7

適した用途に応じて使い分ける事により、C3 は性能を偉観なく発揮します!


a0190318_14515394.jpg
使用するPEは視認性重視のものが良いです。

この手の釣りは着底させる事が前提になりますので、着底の際できる

一瞬の糸ふけを見逃さないようにする為にも、ラインの視認性は大切です。

a0190318_14520603.jpg
写真のPE LINE→ Casting PE X8 の特徴は8本組ですのでガイド通りがとてもシルキーです。

蛍光イエローで視認性抜群、そしてタイトに編み込まれているので、

コシがあり CastingGame に最適です。


a0190318_14510205.jpg
Jigは MicroFlip 35g!
それにDAIWA紅牙のユニットを遊動セッティングしたものを使いました。

このセッティング何気によく釣れます^^

MicroJiggngでの真鯛Gameは本当に面白いです!皆さんも是非!

<TackleData>
Rod→ C3 Class2-4 (Product by SAKURA)
Reel → EXIST2510PE-H(Product by DAIWA)
Line → Casting PE X8 0.6号 (Product by LINESYSTEM)
Leader → Fluorocarbon 2.5号
JIG → MicroFlip35g(Product by Gear-Lab)




[PR]
# by bouzkawasaki | 2016-06-27 17:10 | C3シリーズ | Comments(6)
a0190318_14491091.jpg

最近お世話になっている錦江湾の遊漁船『釣り船まりや』で根魚&真鯛を釣ってきました!

今回はなんとスペシャルゲストに、DAIWAプロスタッフの 友草清一さん をお招きし一緒に釣りを楽しみました(^^♪

大雨、強風、と言う厳しい状況の中、船中は常に笑いに溢れ楽しい釣りができました~^^




[PR]
# by bouzkawasaki | 2016-06-27 15:11 | オフショア | Comments(0)
a0190318_23064136.jpg
錦江湾発祥のタングステンジグ『マイクロフリップ』は、潮の動かない時や、

マイクロベイトに付いた真鯛を攻略する為に開発されたそうです。

多彩なセッティングが可能で、逸早く、状況に応じたセッティングを見つけ出し渋った真鯛を攻略する!

ある意味アングラーのセンスが問われるジグでもあります。

タイラバ + マイクロジギング!と言った1つ選択肢が追加される事により更に真鯛釣りのゲーム性が深まります。


a0190318_23065042.jpg
今回、ロッドは C3 Shore7 を使用しましたが、私的には Class6-8 がこの釣りにおいてはベストマッチだと思います。

マイクロジギングとは言うものの、ジグを着底させて巻くだけ。タイラバと同じ釣り方なのです。

ですので、ただ巻きでフッキングさせるには、シャキッとした Shore7 よりも、

繊細な追従性を持つ Class6-8 の方が相性が良いでしょう。因みにメインで使用したマイクロフリップの重さは35gです。
a0190318_23180094.png
ラインは ラインシステムの CASTING PE X8 の0.8号を使いました。

視認性抜群で、適度なコシとガイド通りがとてもシルキー!この手の釣りには打って付けです!

リーダーはフロロカーボン3号を5ヒロ付けています。
a0190318_23070461.jpg

a0190318_23065709.jpg
特に30m~10m以内と言ったシャローエリアで効果絶大です。スピニングでのやり取りがとにかく面白い^^

今後、マイクロジギングはタイラバと一対のツールとして浸透していくことでしょう。




a0190318_23172794.jpg
錦江湾の遊漁船『釣り船まりや』はマイクロジギングでのガイドもエキスパートです!是非ともご利用ください^^


釣り船まりや
TEL→080-3436-4906

[PR]
# by bouzkawasaki | 2016-06-02 00:18 | オフショア | Comments(0)

水深一桁の真鯛釣り

錦江湾の游漁船「釣り船まりや」さんで水深一桁の真鯛釣りに挑戦してきました!

a0190318_00325455.jpg
前半は60m程の水深をメインで真鯛を探しましたが、魚探の反応は良いものの、中々ヒットしません。
そして、水深10m~7mのドシャローポイントに移動すると、水面に鰯の群がチラホラ♪魚探にも激アツな反応!突然訪れたヒットの嵐(爆)

a0190318_00331812.jpg

マイクロフリップブレードチューンでヒット!

a0190318_00334376.jpg

僕はシャロー攻略用に持ってきていたカストマスター14gにヒット!これが大当たり✨ロッドもトラウトやメバルに使っているC3 class2-4 7.1ft custom(サクラ高級釣竿製造所)がドはまり!

a0190318_00335989.jpg

が、しかしカストマスターを遊動セッティングにしたことが仇となり…

a0190318_00341947.jpg

a0190318_00343712.jpg

大鯛らしき魚がヒットするもブレイク(>_<)
遊動にする際、カストマスターは穴のコーナーエッジが鋭い為、リーダーが傷つきブレイクします。ですので遊動部分は、細いザイロンか、太いPEを用いた方が良いです。
ただ、14gでしたら普通に使用しても問題ないと思います。

この釣りのパターンで(爆)釣する予定でしたが、連れの緊急事態により9時で上がりとなりました。このポイントでは一流ししかしてません…
次回は、カストマスターパターンで(爆)釣してきます!

釣り船まりや!面白いです✨

〈タックルデータ〉
ロッド→C3 class2-4/7.1ft custom(サクラ高級釣竿製造所)
リール→イグジスト2500PEH(DAIWA)
ライン→Casting PE X8 0.6号(LINESYSTEM)
リーダー→フロロカーボン 2.5号
ルアー→カストマスター14g
フック→マイクロフリップ附属フック

[PR]
# by bouzkawasaki | 2016-05-19 00:31 | タイラバ | Comments(0)